ニキビ用化粧品で、ニキビが治らない理由

ニキビ・吹き出物

ニキビの原因というと、一般的には、

毛穴が角質で塞がれて、毛穴の中に皮脂が溜まり、そこに ニキビ菌(アクネ菌)が増殖して、ニキビになる

…という風に説明されますよね

だから、ニキビ用の化粧品は、

  • ニキビ菌(アクネ菌)をやっつけるために、殺菌効果がある
  • 毛穴を塞ぐ角質を取り除くために、ピーリング効果のある

このどちらか、もしくは、両方の効果を持っている化粧品が多いです

ニキビ用化粧品は、殺菌かピーリング

どんなニキビ用化粧品も、基本的には殺菌かピーリングで、ニキビを予防するものなので、

殺菌でもピーリングでも治らないタイプのニキビの場合は、どんなに多くのニキビ用化粧品を試そうと、ニキビが治ることはありません

化粧品ジプシーして、いろいろ試してるつもりでも、結局は 殺菌とピーリングしか試せていないんですよね

実は、こういう人って、とても多いです(ニキビに限らず、他の悩みでも)

昔の私もそうでした。いろいろ試してるつもりでも、結局は、メーカーやブランドが違うだけで、仕組みが同じものばかり試してるんですよね

効果なかったものを何度も試したって、そりゃ良くなるはずない(^_^;)

今なら笑い話だけど、必死で試してる当時は「こんなに試してるのに!」って思ってました。…そりゃ、同じことばっかり試してるから…なんだけど(笑)

ニキビ用化粧品が、殺菌とピーリングばっかりなのは仕方ない

ニキビ用化粧品が殺菌とピーリングばっかりなのは、別にメーカーに悪意があるわけじゃなくて、

「ニキビを予防する」と表記するためには、法的に「ニキビを予防するとアピールしてもいいですよ」と定められた成分を使わなきゃいけないから、どうしても殺菌とピーリングになってしまうんです

ニキビ用化粧品は、軽いニキビにちょっと困ってる人用

個人的な考えですが、ニキビ用化粧品は、ひどいニキビに悩む人用ではないです

ニキビ用化粧品は、普段はあんまりニキビ出来ない人が、生理前とかニキビが出来やすくなる時期や、「(原因は不明だけど) なんかニキビ出来ちゃった」という時に使うと効果があるもの…と思っています

そして、ニキビが治ったら使うのを止めるのが、正しい使い方です。もちろん、効果がなくてニキビが治らない場合も使うのを止めてください。

ニキビが治ったにせよ、治らないにせよ、ニキビ用化粧品を使い続けると、新たな肌トラブルを招くことになります

殺菌でもピーリングでもない(ニキビ用)化粧品

ニキビに用いられる化粧品の中で、殺菌でもピーリングでもないのが、ビタミンC(誘導体)の化粧品です

ビタミンCだけでは「ニキビを予防する」とアピールできないので、はっきりニキビ用として販売されてるケースは少ないです。グリチルリチン酸2Kを配合して「(ニキビによる)炎症を抑える」とアピールするのがギリギリかと思います

効果があるのに、アピールできないという事情を抱えてるビタミンCですが、クリニックでもニキビ治療に選ばれるくらいですから、効果はあります

ビタミンCには皮脂を抑える効果があるので、皮脂を抑えることで、ニキビを防ごうというアプローチですね

また、ビタミンCは抗酸化成分でもあるので、皮脂の酸化を防ぎ、酸化した皮脂による刺激からも肌を守れます(酸化した皮脂による刺激でニキビができる事もあるそうなので)

ビタミンCは多機能な成分なので、ニキビに悩む人にも、別にニキビに悩んでいない人にも、おすすめです

ニキビに話を戻すと、ビタミンCは皮脂を抑えたり、皮脂が酸化するのを防いだりしてくれますが、ニキビの原因が他にある場合は、当然ニキビは治りません

私はビタミンC配合の化粧水を販売してたので、それを使った方々の実際の声をまとめると、

ビタミンC配合の化粧品を使うと、ニキビが治るのは早くなりますが、ひどいニキビに悩んでる人のニキビができなくなる事は、稀だと思います

でも、殺菌やピーリングのように、肌に負担をかけることはないので、使い続けても大丈夫です

化粧品の限界

そこまでニキビがひどくない人には効果があるけど、ひどいニキビで悩んでる人には、そんなに効果がない…というのは、ビタミンCを含めたニキビ用化粧品の特徴と言っていいと思います

別の言い方をすると、化粧品の限界かな?
化粧品って、薬ほど効果があるものではないから(化粧品は、薬ほどの効果があってはいけない)

それなら、「薬」に分類されるものを使えばいいか?病院(皮膚科)に行けばいいのか?というと、そうとも限らないんんですけどね(^_^;)

病院(皮膚科)の場合、ニキビへの力の入れ方が、病院によって様々で「(ニキビなんて大したことないのにな)薬を出しとけばいいでしょ」的な対応をされるところもありますし、

ニキビ治療に力を入れているところでも、結局 手法はピーリング(病院でしかできない強いピーリング)や殺菌なので、化粧品より強い成分になるだけで、やってる事は変わらないし、強くなる分、より注意が必要になる…という側面もあります

病院でのニキビ治療について書き始めると長くなるから、今日はここまで~

ニキビ・吹き出物
[ 自己紹介 ] この記事を書いた人
たまこ

以前は、オリジナルの化粧品をつくって販売していたよ。化粧品販売してる時に、多くの人のお肌の相談にのっていた経験を元に、美肌情報を提供していく予定。私自信もひどいダメージ肌で、「どうしたら肌がきれいになるのか?」がわからずに長年悩んでいたので、そういう人達の役に立てると嬉しいです

たまこをフォローする
たまこをフォローする
ダメージ肌を美肌に育てるスキンケア法

コメント

タイトルとURLをコピーしました